富山ガラス造形研究所の日々

tglass.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 16日

青木良太氏 特別講義

今日の陶芸家の青木良太さんをお迎えしての特別講義。
Today, we have a special lecture of Aoki Ryouta-san, a young potter who is well known recently, in japan .
d0147058_19493949.jpg

d0147058_19552478.jpg

一般公開のこの講義。今日はいつも以上に聴講する人が多いです!
立ち見の人もたくさん!
どうして陶芸家になったのか、どのように制作し作家活動をしてきて現在食べていって
いるのか、若手の陶芸家の人たちとの活動イケヤン☆。この3つに大きくしぼって話を
してくれました。
Many people!
There are three topics. First, why he chose to be a potter. Second, what kind of work he is making.
The last, how he get the income.

d0147058_2004871.jpg

こちらの写真は工房の写真。電気も水道もガスも無い馬小屋だった場所に、電気を引いて
中古の電気炉を設置したのが始まりだそうです。
This is his studio, located in Gifu prefecture.
d0147058_20153431.jpg

代表作のうつわ
These vessels are one of his important work.
d0147058_20155263.jpg

スイス・ジュネーヴのEcole de arts decoratiftsに研修生として留学し、誕生した作品。
こちらも代表作です。
The work that he was making piece at "cole de arts decoratifts" in Geneve, Switzerland is
also one of his important work.

d0147058_20162816.jpg

個展の様子や
Solo exhibition at some gallery,
d0147058_2017050.jpg

近年取り組まれているオブジェ。
Art work that he is making recently
d0147058_20171914.jpg

そして最近増えてきているという海外での個展の様子。「陶芸と心中する覚悟」という青木さんの言葉に、
作家としての断固たる決意が表れてるようでした。
And last month he had solo exhibition in U.S.A., and there are some offers to him having
exhibition from the gallery in abroad.

d0147058_20174554.jpg

こちらは青木さんが企画し土岐市で開かれている、イケヤン☆。若手の陶芸家(学生含)が
集まり、情報交換したり、交流を図ったりと、「若手から陶芸界の活性化を図ろう!」と、
作家としてやっていけるようになった青木さんが「陶芸に恩返し出来たらと」始めたもの。
参加する陶芸家はカップを持参し、作品オーディションをうけるという企画も昨年から始まりました。
This is "IKEYAN ☆", many young potters meet together in Toki-City to communicate & exchange the idea of how to continue
to make work as a freelance artist or potter. And from the last year, Aoki-san have organized the audition of ceramic cup
which was made by the participant in IKEYAN project.

d0147058_20175853.jpg

ギャラリーやショップオーナーの方々がジャッジメント。なんと、ここで個展が決まったり
商談へ話が進む人もいるそうです。
The people like art dealer or shop-owner will judge, so that the participant could have a chance having a exhibition
with those shops or gallery in the future.

d0147058_20192085.jpg

そして最後に、実物の作品を見せてくれました。なんと、実際に触らせてもらいました!
青木さんが日々研究するかたちや釉薬の美しさを目の当たりにし、学生は食い入るように見ていました。
At the end, he show some works which was brought from his studio.
Students can look and touch, so they can see beautiful form and glaze that Aoki-san found with so many trial, test pieces and research.

d0147058_20193223.jpg

以前から交流のあった渋谷先生が、今回お願いし特別講義が実現しました。なんと教育機関では
初めての講義だそうです!濃い内容のレクチャーにスタッフ、来場者皆笑顔です。
青木さん、この場を借りてですが本当にありがとうございました。(T)
We could invite him to the lecture because of that Shibuya-sansei has friendship since
he had group exhibition with Aoki-san some years ago. Aoki-san never had a lecture before at educational institution in Japan.
But the lecture was so interesting and exciting for not only students, also teachers. We thank you so much, Aoki-san!

[PR]

by toyamaglass | 2011-07-16 20:20 | 特別講義


<< 2011夏のワークショップ      ご応募、お待ちしております!! >>