富山ガラス造形研究所の日々

tglass.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

2日目

d0147058_8342715.jpg

今日はワークショップ2日目。
爽やかなスタートです。






午前中はタンブラー(コップ)のデモンストレーションでした。

d0147058_835584.jpg



いつもは10分程で作ってしまう薄〜いタンブラーですが、失敗例もふまえて、ゆっくりじっくり教えていただきます。
製作中、ボイドさんしゃべりっぱなしです。

そして説明がわかりやすい。
世界各地でワークショップをされている経験の深さを感じます。






午後からは、学生の制作時間です。

d0147058_8414866.jpg



ボイドさんのデモを思い出しながらの制作。
左から、研究科・造形科1年・2年の混成チームです。
ワークショップならではですねー。

学年を超えて、お互いに意見交換している姿が微笑ましかったです。




明日はタンブラーより大きめ、シリンダーの制作日です。
覚えきれるかなー?   (T)







2008 秋のワークショップTシャツ
d0147058_8445681.jpgd0147058_845590.jpg
[PR]

by toyamaglass | 2008-09-30 18:00 | ワークショップ
2008年 09月 29日

秋のワークショップ

ボイド・スギキ氏を招いての秋のワークショップ。
いよいよ始まりました。

ボイドさん、すっごい人気なんですよね。
「絶対見に行く!」って言う卒業生、たくさんいました。

人気の理由は、世界でも指折りの吹きガラスのテクニック!
そして、なんと言ってもその人柄。

静かでたまにニッコリ笑う、まさに癒し系です。



今日は午前中にスライドレクチャー、午後からは吹きガラスのデモが始まりました。

d0147058_21332866.jpg

ウォーミングアップ無しで、いきなり大振りな花瓶。
シアトルでは普通サイズなのかな?


d0147058_213956.jpg

一番左は、一緒に来られた奥様のリサさんです。
彼女がまた素晴らしい!
大きな作品から繊細なグラスまで、ボイドさんにぴったり息を合わせてのアシスタントです。
他のスタッフが間に入れないほどでした。

シアトルの工房では、普段から2人だけで作業されているそうです。
さすが〜。





d0147058_2145469.jpg


このワークショップでは、グラス・ボウル・ボトル等の基本的な技術に視点が向けられます。
ストイックなボイドさんから、さっそく宿題が出されました。
「僕の作るグラスの作業手順を覚えなさい。明日、発表してもらいます。」

いっきに学生がメモを取り始めました。





夜はワークショップ恒例の、ウェルカムパーティー!
今回は造形科1年生の主催。

d0147058_21513154.jpg

お好み焼きでーす!
d0147058_21514320.jpg

あれ?もんじゃか?

山のキャンプ場は寒くて、秋の訪れをヒシヒシ感じましたが、アツアツのお好み焼きでホクホク暖まりました。


明日から1週間。
吹き場から目が離せない、楽しみなワークショップの始まりです。  (T)



d0147058_2157130.jpg

[PR]

by toyamaglass | 2008-09-29 21:59 | ワークショップ
2008年 09月 26日

前期講評会

ついに前期講評会。
今年も円滑に行われました。

半年に一度の大きな発表の場ですから、みんな気合いが入っています。
徹夜した人も、いたんじゃないかな?

d0147058_22131639.jpg

こちらは造形科1年生の講評。
場所は教室です。

限られたスペースの中で、みんななんとか展示してくれました。

全スタッフ、全校生徒にぐるっと囲まれての発表。
うわ〜、緊張する〜。



d0147058_2210324.jpg

校外からのゲスト講師も来ていただいています!
普段の授業では聞けない、貴重な意見もありました。





そして、造形科2年生と研究科。
d0147058_22151870.jpg
d0147058_2216465.jpg


もちろんゲスト講師を招いての講評。
場所は研究所ホールと、レクチャー室です。

講評時間を押しに押しての、熱く厳しい意見の飛び交う講評会です。
特に研究科には容赦はありませんから、生徒の涙も見られました。

泣いちゃうくらい真剣になってくれると、講師陣もやりがいがあります。
その悔しさをバネにして、次につなげて欲しいですね。





全学年通して3日間の全体講評。
とっても内容の濃いものでした。

ひとりひとり何を学んだかは、まだわかりませんが、
後期の授業・作品制作に期待をしています。


みなさん、お疲れさまでした。   (T)


d0147058_2236077.jpg

[PR]

by toyamaglass | 2008-09-26 18:00 | 授業
2008年 09月 17日

講評会シーズン

d0147058_1944033.jpg


天気のいい、気持ちいい日が続きます。
空が高〜い。秋ですね。
きれいな雲も、この所よく見れます。

この雲は何でしょう?
クジャクの羽に見えました。


外は爽やかお天気ですが、校内はダブルで講評会の真っ最中です。



d0147058_19111189.jpg

こちらは造形科2年のキルンクラス。

卒業制作のテストピース的な作品も見られました。
その分講評会は厳し目。
もう戦いは始まっているんですね。

作品が、もみくちゃにされてます・・。




d0147058_19144586.jpg

こちらは造形科1年の吹きガラス。

「仕上げが悪いよ・・」

こちらも厳しい言葉が飛び交います。

それもそのはず。全体講評は1週間後。
年に2回の大事な発表の場です。
しかも、校外からゲストの講師も招きますので半端は許されません!


みんな頑張ってね。   (T)
[PR]

by toyamaglass | 2008-09-17 19:44 | 授業
2008年 09月 12日

KILN1 課題2の講評

d0147058_17461668.jpg

今日は、造形科1年生のキルン授業、課題2の講評会でした。
課題2は、「パート・ド・ヴェールの技法を用いた花器、または器の制作」です。

この学年は、学生同士でよく意見を言い合える学年なので、聞いていても楽しいです。
思わずニヤけてしまう、今後が楽しみな作品もありました。


d0147058_17544443.jpg


ですが、他の課題が忙しいのはわかりますが、もうちょっと仕上げ(加工)に時間をかけて欲しかったかなーとも思います。
前期の全体講評会まであと10日ほど。
しっかり手直しお願いします。   (T)
[PR]

by toyamaglass | 2008-09-12 18:00 | 授業
2008年 09月 10日

BLOWINGⅡ



学生がぐるぐるしたものを作りたいということで。(O)
[PR]

by toyamaglass | 2008-09-10 08:50 | 授業
2008年 09月 05日

久しぶりの・・

d0147058_12103824.jpg

やっと晴れました!

富山は雨が多い。
そんなことは十分理解しているのですが、それにしても晴れない日が続きました。

今日は、久しぶりにスカっと晴れて、そよ風が吹いて、とっても気持ちがいいです。



d0147058_13185689.jpg

こちらはホットショップ。
通常授業が始まっています。

溶けたガラスも久しぶりじゃないかな?
ん? だけど、いきなりの太いパイプ。

明日は筋肉痛ですね・・・



来週からは各教科の講評ラッシュです。
その後には前期の全体講評も控えてます。

みんな妥協せず、しっかり仕上げてねー。   (T)
[PR]

by toyamaglass | 2008-09-05 12:16 | 日々